アオバブランドの革命日記

アオバブランドの革命の日々を綴ります。

敬語不要論

敬語っていらないよね。

マジで。俺は友達以外は基本敬語で話すけど。

無くす必要はないんだけど皆んなが皆んな使う必要はないと思う。極改まった場面だけでいい。

仕事とか基本タメ語でいいでしょ。面倒くさいから。無駄な時間と労力がかかる上に、伝わりにくくなる。例えば飲食業でホールがキッチンにオーダー通す時に「お忙しいところ恐れ入りますが、◯◯が一点ご注文入りましたので、対応頂けないでしょうか。よろしくお願いします。」とかいちいち言わないでしょ。「◯◯、ワン!」で済むし、それを失礼だと思う人もいないわけで、そういう無駄を省いた方がどうでもいい事に時間を使わなくて済むよね。

他にもお疲れ様とかご苦労様とかどっちだっていいよね。そんな事で失礼だと怒ったり、お説教の時間を割くとか時間が勿体無い。

そういう作法が多くて、失礼にならない文章とか考えてるとメール一個打つのに必要以上に時間かかるしそういう時日本語は仕事の場面では不向きだなと実感する。楽天が社内公用語を英語にしたとか聞いた時はトチ狂ったんかと思ったけど、実はとっても合理的なのかも知れんね。優秀な人って大胆な事するよな。英語が仕事に向いてるのかは知らんけど。英語あんまり喋れないし。

敬語だとどうしても一歩引いてしまうし、年齢とか肩書きとかで上下関係決めてしまいがち。ヤマン!の活動においては小学生のような人間関係が理想なので、上下関係は一切不要!タメ語推奨!しかしそうは言っても大人だから誰に対しても最低限の敬意は払わなくてはいけないとは思う。親しみやすさと馴れ馴れしさは別だわな。