アオバブランドの革命日記

アオバブランドの革命の日々を綴ります。

コミュニティ

コミュニティの中で上手く生きていく、世渡りしていくスキル、これが小中高と学校に通う事で得られる一番の成果物だと思います。

学校が与える課題には、模範解答というものがあります。我々は先生が求めている答えを察知し、答える訓練を繰り返して来ました。薄く書かれた線をなぞるような訓練です。その結果として相手の気持ちを察する力、謂わば空気を読む力が備わったのではないかと考えています。

その反面、クリエイティビティを伸ばす教育はほとんど受けていません。薄く書かれた線がなければ戸惑ってしまうんです。何でもいいから自由に何かを提案して下さいと言われてしまうと何を提案をしていいのかもわからないんです。

例えば相手の身なりなど、少ない手がかりから、何を求めているのか色々考えて、それに合わせた控えめな提案をしようと努力するんじゃないでしょうか。自由って言ってんだから自分がしたい提案をするべきなんですよ。

しかし何の疑問もなく相手が何を求めているのかを第一に考えてしまいますよね。糸口がないと正解が分からないとボヤく事も多いですよ。

良くも悪くもそういう風に教育されて来ましたからね。

しかしこれからの時代AIに仕事をどんどん奪われていく世の中になるわけでしょう。自分で新たな職を生み出せる訓練、教育をした方がいいと思うんですよ。模範解答を答えさせるより大人側の想像を超えた子どもをもっと褒めてあげる方がいいと思いますよ。そんな発想が!みたいなアイデアこそが今後の世の中を救っていくわけですから。

そうして創造力溢れる人間をたくさん生み出して新たな職を生み出していかないと、仕事なくなっちゃいますよ。困りますよ。