アオバブランドの革命日記

アオバブランドの革命の日々を綴ります。

合法大麻

はじめに言うと俺は大麻は吸いません。合法になったとしても基本的には吸わないと思います。

その前提で話しますが、大麻合法化については賛成です。

別に吸いたいからではなくて、知ってる情報の中から中立的立場で考えると合法化するべきなんじゃねぇかなぁ?というより、なんでこんなに罪が重いのかがわかりません。

本当か嘘か知りませんが、政治的事情から日本では禁止されたと聞いた事があります。でもルールなんてそんなもんですよね。誰かの損得で作られるなんて良くありそうな話で、はなからそんな程度のものなんだから、皆んなもっとルールを変えるという発想を持った方がいいんですよ。

大麻については大して健康に悪いものではないようですし、特別禁止にする理由ってのが思いつかないんですよね。ゲートドラックがどうのこうのとか言いますけど、そこに因果関係はないでしょ。酒飲みはそのうち覚せい剤をやるからお酒禁止!って言ってるようなもんで、酒に酔えないからと覚せい剤をやってるやつを俺は見た事がない。それにもし仮にゲートドラックになり得るとしたところで、それ自体は害はないんだから禁止には出来ないでしょうよ。

大麻吸う奴は悪い奴だから覚せい剤もなんかやりそう!みたいなイメージがあるのはわかりますけどね。

結局大麻覚せい剤が憎いんじゃなくて大麻とか覚せい剤やってそうな悪そうな奴が憎くくてそういう人達を排除したいだけの話じゃないですか。完全に話がすり替わっているんですよ。タトゥーも同じなんですよ。タトゥー入っててクラブとか海で遊んで、騒いで、薬物やってそうな人達をただ何かしら理由をつけて排除したいだけなんですよ。

個人的にそういう人達は別に好きなわけでもなく、むしろ苦手ではありますが、それを何かしら理由をつけて排除しようとするその動きは正義じゃなくてただのいじめじゃないですか。

俺は大麻も吸ってないし、タトゥーも入れてないし、クラブも行かないから本当は別にどっちでもいいんだけど、ちゃんとした理由もなく俺の選択の自由が侵害されている事に腹が立つんですよ。

大麻については特別禁止される程の理由が今のところわからないのに、吸う吸わないの選択の余地を与えられていない事に無性に腹がたつ。世の中そんな事はたくさんあって誰かの都合のせいで多くの自由が侵害され不便にされている。大麻なんかより一番むかつくのはガスコンロなんですよ。あれ俺の知らないところで勝手に変なルールが出来て一定の温度で火が消えるようになっててあれのせいで炒飯が作り辛いんですよ。鉄鍋の空焼きも出来ないし、すげぇ腹立つ!なんか規制、規制、規制で小さなストレスが多過ぎるんですよ。いちいちルールを作るんじゃねぇよ。問題に対してルールを作るという対処は最終手段であって言い方を変えれば、良い対応が何も思いつきませんでした。お手上げです。という証明だと考えています。