アオバブランドの革命日記

アオバブランドの革命の日々を綴ります。

西濃運輸

西濃運輸って大らかなイメージがありますよね。

 

頼んだTシャツが予定日過ぎても届かないから配送状況を確認。そしたら配送済になっとるから電話したら全然出ない。

 

しょうがないから配達店まで取りに行ったのに20分待たされ結局、荷物が行方不明らしく受け取れなかった。

 

普通はそこで腹を立てます。しかし、俺は思う。そこで腹を立てる人達がいるからこの国は生きづらいんだ。

 

正直、一瞬怒りを覚えた。しかしそれは、こういう場面で腹を立てるように教育され、それが今の世の中の流れになっている。その流れに飲まれる事になる。

 

早い話がこれも流行の一種。

その流れに流されて怒りを撒き散らしてたんじゃあ、流行に流されるだけで自分のない量産型の人間と同じになってしまう。

 

もっと大らかであるべきなんですよ。他人なんていい加減なものだと思わなければいけないと思います。

他人に期待し過ぎ。だからその期待を裏切られて腹を立てたり、プレッシャー与えたり。今度はそれが自分に返って来るんですから。

必ず明日欲しいなら、余裕もって発注かけりゃ済む話ですからね。皆んなが皆んなちゃんとゆとり持ってやってりゃ、間違いなんて必ずある事なんですから、そんな誤差レベルの話で余計なストレス抱えないで済むし、相手に余計なプレッシャーを与えないで済むんですよ。

 

だから一瞬怒りを覚えた事を猛省して、この世の中が少しでも働きやすい世の中になるように今日出来る事、小さな事は許すという、最小単位の革命をしました。