アオバブランドの革命日記

アオバブランドの革命の日々を綴ります。

しまなみ海道

転職して一ヶ月ですが、夏休みを頂きます。

 

旅行したいし、ヤマン!Tシャツの事もやりたいし、って事でしまなみ海道をケッタマシーンで走破してこようと思います。

 

道中、ゲストハウス、旅の中で出会った人にヤマン!Tシャツを配って活動を広めます。そしてその人達との思い出を映像化しようと思います。

PV

ヤマン!Tシャツのプロモーション映像を撮りたいと思っておりますが、私アオバオリジナルの転職に伴い、相方と休みが全く合わなくなりました。

 

活動する上で人手が必要ですし、色々な人を巻き込んでいこうという活動なので、PVに出演してくれる人や仲間を募集しようと思います。

報酬はTシャツです。遊びなので軽い気持ちで参加して貰えたら嬉しいです。帰り道にコンビニに寄るくらいの気楽さで参加して下さい。

とりあえずその辺歩いてる人に声かけて映像に出演して貰おうと思ってます。

メンタルタフガイ

なんのスポーツでもそうだと思うんですけど、試合に勝つために一番必要な事って試合に挑む事ですよね。

 

起業したいって言ってる人は山程いて、その中で起業に向けて勉強してる人もたくさんいるけど、そこから実際に起業した人、となるとガクンと減るような気がします。

 

自分も起業したくて勉強したりしますが、それはどこか逃げでやってる部分が恥ずかしながらあります。

 

前に進む勇気がないのを勉強する事で誤魔化して、前に進んだ気になりたいんです。

 

練習は一所懸命やってんのに試合に出たがらない奴っているじゃないですか、あの状態ですね。

 

多分そんな人がたくさんいると思います。そんな中ほぼ初心者にも関わらず堂々と試合に出たりする人って本当に凄いなぁと思います。

何事も恥をかくつもりで挑戦出来るメンタルタフガイになりたいですね。

 

勉強してる暇あったらとっとと起業しちゃった方がいいですね。勉強はその後でも十分間に合う気がしますし、勉強ばっかして知識だけ増やして知った風な事を偉そうに言うようになったら終わりです。

 

とりあえずヤマン!Tシャツのプロモーションを頑張ります!

 

 

 

おっちゃん

f:id:aoba-brand:20170723163127j:image

 

以前仲良くしてくれたおじさんが家ごと消えていた。

 

是非ヤマン!Tシャツ着て欲しくて持っていったのに、出来たら一緒にヤマン!Tシャツ盛り上げて欲しかったのに、一体どこに行ってしまったのだろうか。

 

また、会う機会があればいいんだけど

クラウドファンディング

残念ながらクラウドファンディング全く支援は集まりませんでした!

まぁそれはいいとして、Tシャツの量産体制も整い、後はひたすらPRしていくだけですね。

売るよりも知って貰いたいので、そっちに力を注ぎます!

プレミアム

無事にヤマン!Tシャツプレミアムモデル届きました!

f:id:aoba-brand:20170719080302j:image

 

黒地に金色でかっこいいです。

このTシャツを見かけたらヤマン!ってして下さい!

よろしくお願いしますー!

 

西濃運輸

西濃運輸って大らかなイメージがありますよね。

 

頼んだTシャツが予定日過ぎても届かないから配送状況を確認。そしたら配送済になっとるから電話したら全然出ない。

 

しょうがないから配達店まで取りに行ったのに20分待たされ結局、荷物が行方不明らしく受け取れなかった。

 

普通はそこで腹を立てます。しかし、俺は思う。そこで腹を立てる人達がいるからこの国は生きづらいんだ。

 

正直、一瞬怒りを覚えた。しかしそれは、こういう場面で腹を立てるように教育され、それが今の世の中の流れになっている。その流れに飲まれる事になる。

 

早い話がこれも流行の一種。

その流れに流されて怒りを撒き散らしてたんじゃあ、流行に流されるだけで自分のない量産型の人間と同じになってしまう。

 

もっと大らかであるべきなんですよ。他人なんていい加減なものだと思わなければいけないと思います。

他人に期待し過ぎ。だからその期待を裏切られて腹を立てたり、プレッシャー与えたり。今度はそれが自分に返って来るんですから。

必ず明日欲しいなら、余裕もって発注かけりゃ済む話ですからね。皆んなが皆んなちゃんとゆとり持ってやってりゃ、間違いなんて必ずある事なんですから、そんな誤差レベルの話で余計なストレス抱えないで済むし、相手に余計なプレッシャーを与えないで済むんですよ。

 

だから一瞬怒りを覚えた事を猛省して、この世の中が少しでも働きやすい世の中になるように今日出来る事、小さな事は許すという、最小単位の革命をしました。